臭いや菌などに優れた効果を持つオゾン水発生器の幅広い特徴まとめ

オゾン水発生器は臭いや菌などに優れた効果を発揮すると言われており、衛生面において役に立つでしょう。
その幅広い特徴について、果たしてどれだけの人が理解しているでしょうか。
これから使用するつもりの人のために、オゾン水発生器の特徴をまとめて紹介します。

オゾン水発生器は名前の通り、オゾン水を発生させるための機械です。
衛生面において高い効果が期待できるため、人が多く集まる施設などで導入される場合もあります。
病院やクリニックなどの医療機関や宿泊施設、保育園や老人ホームなどが例として挙げられます。
普通の水とは違いオゾンが水に溶存している状態を、オゾン水と言います。
オゾン水に期待できるのは、主に脱臭効果と除菌効果です。
臭いの原因となっている成分がオゾン水の中にあるオゾンと反応し、酸化後に他の物質に変化するというメカニズムです。
廃棄物やペットの臭いに対して、有効と言われているのです。

またオゾンの持つ酸化力を活かして菌の細胞膜を攻撃し、除菌の役目を果たすとも言われています。
ノロウイルスや大腸菌の一種であるO157、腸炎ビブリオ菌の対策としても良いという意見もあります。
風邪やインフルエンザなどが流行る時期にオゾン水発生器があると、予防につながるかもしれません。

オゾン水発生器のメーカーは複数あるため、細かな構造などには違いがあるかもしれません。
しかし一般的なものは、水道水にオゾンガスを混合させるというメカニズムです。
つまり普通の水が使える状態でオゾン水発生器を設置していれば、一般人でもオゾン水を使えるようになります。
乾燥剤とオゾン分解剤を使用する場合、定期的に交換する必要があります。
薬剤の次亜塩素酸ナトリウムや電解水などの他の種類もありますが、オゾン水発生器を使った方が残留性は低いという特徴があります。

そしてオゾン水発生器は業務用の他に、個人でも使用できる家庭用もあります。
品揃えの良いホームセンターを利用すれば、直接購入できる場合もあります。
インターネット通販で購入できる場合もあり、コンパクトで使いやすいサイズのものもあります。
値段は性能などによってバラバラですが、1万円以下で購入できるものもあるため興味があればチェックしてください。

オゾン水発生器の特徴を簡単にまとめてみましたが、衛生面において役に立つと覚えておきましょう。
季節の変わり目や乾燥する時期にオゾン水発生器を有効活用できれば、多くの人が救われるかもしれません。

タグ:

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です